読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows7 インストールのためのスクリプト

以前、Windows7のインストールデータを一旦、SSD/HDDにコピーしてからインストールを進める記事を書いたけど、diskpart周りのコマンドをいちいち打ち込むのは面倒なのでスクリプトにしたい。

 

tuttitan.hatenablog.com

 

diskpart は /s スイッチを付けることで、引数で与えたスクリプトを実行できるっぽい。USBメモリがCドライブであるとして、Cドライブにディレクトリを作ってスクリプトを放り込んでおけば今後のインストールが楽になりそう。

  1. 以下の内容のファイルprepare_partition.txtを用意する
    (rem始まりはコメント)
    rem ***** prepare_partition.txt *****

    rem ******************************************************
    rem *** Check Disk Number and Volumes before Execution ***
    rem ******************************************************

    rem list volume
    rem list disk

    rem --- 1. Clean Disk Partitions ---
    select disk 0
    clean
    convert mbr

    rem --- 2. Create System Partition ---
    create partition primary size=100
    format quick fs=ntfs label="System"
    assign letter="S"

    rem --- 3. Create Windows Partition ---
    create partition primary
    shrink minimum=8000
    format quick fs=ntfs label="Windows"
    assign letter="W"

    rem --- 4. Create Install Partition ---
    create partition primary
    format quick fs=ntfs label="Installer"
    assign letter="I"
    active

    rem ***********************************************
    rem *** Confirm Created Volumes after Execution ***
    rem ***********************************************

    rem list volume
  2. USBメモリのドライブ直下にscriptディレクトリを作って、prepare_partition.txtを移動させる
  3. Windows7インストール時にdiskpartコマンド(対話式)を打つ代わりに次のコマンドを打つ
    diskpart /s c:\script\prepare_partition.txt
  4. ここから先はUSBメモリの中身をコピーして、USBメモリを取り外して再起動して、インストールを進める(上の記事を参照)
    robocopy c: i: /mir /r:0 /w:0

スクリプト内のコメントにも書いてあるとおり、スクリプトの実行前後でvolume名などを確認しておいたほうがよいでしょう。

 

参考Webページ