読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MACアドレステーブルとARPテーブル

ネットワーク技術

ネットワークの勉強をしていて、『MACアドレステーブルとARPテーブルは何が違いますの?』という疑問が出てきたので調べた。

 

MACアドレステーブル: MACアドレスと物理ポートを紐付けているテーブル(L1-L2間)。Etherフレームが来たときに、「この宛先(MACアドレス)のデータはどのポートに送ればいいの?」を解決するためのテーブル。

ARPテーブル: MACアドレスIPアドレスを紐付けているテーブル(L2-L3間)。IPパケットをEtherフレームに乗せるときに、「この宛先(IPアドレス)に届けたいのだけど、ひとまずどこの機器(MACアドレス)に送ればいいの?」を解決するためのテーブル。

 

となってくると無線LANの場合は、(物理ポートがないから)MACアドレステーブルはないのだろうか...??

 

 

参考Webページ