読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lubuntuをインストールする

Lubuntuに限らず、Linuxディストリビューション全般に言えそうなことですが、USBメモリを使ったインストール方法の紹介記事になります。

昔であれば、isoをダウンロードしてDVDに焼いて、DVDから起動してインストールするという手順が一般的でしたが、大容量USBメモリ(8GBもあれば足りますが)がお安くなった昨今では、isoからブータブルUSBメモリを作成するほうがお手軽です。(最近のPCは光学メディアドライブが付いていないものも多いので...)

 

というわけで、LinuxのブータブルUSBを作る手順を以下に示します。

  1. unetbootinというツールをダウンロードする

    https://ja.osdn.net/projects/sfnet_unetbootin/

  2. Lubuntuなど、インストールしたいLinuxのisoイメージをダウンロードする
  3. ツールではフォーマットの処理がされないので、手動でUSBメモリをFAT32でフォーマットしておく
  4. unebootinを起動する(Windowsの場合、exeファイルからそのまま起動)
  5. isoファイルと書き込み先ドライブ(USBメモリのドライブ)を指定してOKを押す

    f:id:tuttitan:20161009173709p:plain

  6. あとは自動でやってくれるので待ちます 

 

この様に簡単にブータブルUSBメモリを作成することができます。あとはUSBメモリから起動して、普通にインストールするだけです。

 

 

参考Webページ